芯産業の異軍が現れた 宜昌電子情報企業は成長を速める(ビデオ) - 湖北奥馬電子科学技術有限会社公式サイト

芯産業の異軍が現れた 宜昌電子情報企業は成長を速める(ビデオ)

2018-11-19
        科学技術革新は中小企業の成長の基石であり、わが市は科学技術の牽引を堅持し、電子情報産業を戦略的な新興産業として育て、自主開発技術を持つ電子情報の成長を加速させ、業界領軍となった。今年の第1四半期、全市の電子情報産業は去年と比べて20 %を上回って、驚異的な一躍で千億産業の出世の勢いを描いた。
        電子情報業界では、軽さと薄さは常に科学技術の含有量を表しており、企業の存亡はミリの差にあるといえる。この分野では、基礎材料は衣服の生地に相当して、下流の生産者が異なる製品によって裁断を行い、電子製品がもっと軽くなるかどうか、基材は基礎である。猇亭工業園に位置している奥馬電子はこのように、基材を中心とした科学技術企業である。
        研究開発の力を強化して、国際的な標準より高い製品を生産して、ちょうどこの数ミリの優勢で、湖北奥馬電子の製品は激しい競争の中で選ばれて、市場をどんどん売り込んで、今年の企業の売上高は1億元を突破する見込みがあります。国際ハイエンド市場に入って、産業の発展方向を導きます。奥馬電子と同様に、宜昌力佳科技も自主的に新製品を開発し、国際市場の扉を開く。企業が生産する充電電池と大容量電池は、長期にわたって日本に独占されたボタン電池市場を破った。
        長期にわたって、ボタン電池は技術でも容量でも、日本企業は1位を独占しており、宜昌力佳が成立した最初から国際大手の松下と万盛に対して、標的に技術開発を行って、材料、容量、電力などの一連の技術的な難関を攻めることができて、業界第一になる。
        去年以来、わが市の電子情報産業は急速に発展し、国内で最も薄いガラスは宜昌南玻の誕生、華中地区の最大の液晶テレビの生産会社、恵科電子は宜昌で生産する。欧拓集団はスマート端末産業園を宜昌で創立して、第1台の「宜昌造」曲面LEDディスプレイを生産した。九州方園新能源、蘭台科技、湖北世紀連合創新などの電子情報企業は相次いで人々の視線を入って、人々の生活を変えています。今年の第1四半期、恵科のディスプレイの生産量は65万台を突破して、去年と比べて11倍に増加して、南玻の結晶シリコンの材料は4割近く増加した。沿海地域から転移して来た電子情報企業は、宜昌で競争して速やかに成長しています。