松滋洈水紀行 - 湖北奥馬電子科学技術有限会社公式サイト

松滋洈水紀行

2019-07-11
        2019年6月29日朝8時、奥馬電子の従業員一行46人が取締役会長の熊傑の案内で、松滋洈水に向かうバスに乗り、日帰り旅行を始めました。会社は今年の上半期に注文が比較的に多かったので、社員は大体交代で注文書の引き渡しに追われていました。下半期にはまた5 G材料の量産の生産任務に入ります。会社は今回の活動を通じて、皆さんが忙しい仕事の合間に、緊張した仕事のストレスから離れて、大自然と触れ合い、より旺盛な情熱で下半期の仕事に取り組んでいくことを目指しています。
         2時間の車で目的地の洈水に着きました。みんなで団体写真を撮りました。私たちの旅がこれで始まりました。
         10時に洈水という景勝地に到着した後、みんなは秩序正しく並んで検札して乗船し、遊覧船に乗って湖を観光し、航行途中に586の小島と半島からなる百島ギャラリーを鑑賞しました。洈水の湖水は広々としていて、湖の中に島があって、島の中に湖があって、500個の半島の峰々は幾重にも連なっています。「山は水があれば霊気があり、水は山があればさらに美しい」とも言えます。
         半時間後、二番目の観光スポット南山観島に到着しました。南山観島は洈水ダムの海抜が一番高い島です。島に白雲閣が建っています。白雲閣に登って、ダムの諸島を見下ろすことができます。洈水ダムを鑑賞する最高な観光スポットです。
 
         続々と上陸して、今日の登山が始まりました。登山の歩道は旋回して山の勢いに従って、すべて板の構築です。歩道の両側には、草木が青々と茂り、藤がしなやかで、十分に目を潤している。同僚たちは一緒に道連れになって笑いながら、いつの間にか白雲閣の展望台に登りました。
         展望台に立って、遠くを眺めると、ダムの雄大な姿が見えてきました。あの堂々たる湖水は玉のようで柔らかいです。この展望台に登ると、本当に言えないほどの喜びがあります。
         白雲閣で景色を見て30分後、南山島から船に乗って、エコロジー島に着きました。島ではみんなランチを楽しんでいました。美味しい料理を食べながら、お互いに考えを交換しました。美味しいものを食べ終わった後、社員が島の観光スポットを観賞しました。美しい自然の景色を楽しみながら、記念撮影を忘れずに、お互いの感情を深めて、和やかな雰囲気を作りました。ロータスシードポッドやキノコを買ったものもあって、かなり収穫が多いと言えます。
         最後にみんなは遊覧船に乗って、洈水キャンプ基地に来ました。現在湖北省で比較的に大きな屋外フィットネス娯楽の基地です。キャンプでは、みんなも団结して协力して、チームを作って興味のある娯楽施設を游びました。楽しいゲームはまるで憂いも心配もない子供の顷に戻ったようです。
         活動時間は一日だけですが、湖の景色を鑑賞しながらお互いの心得を交流し、感情を深めていく旅行は、皆さんに深い印象を残しました。仕事以外の親心と感動をみんなに感じさせました。皆さんは打ち解けたチームだと実感しました。奥馬は暖かい大家族だと実感しました。会社が今回の旅行を実施することの大切さを実感させました。この旅をよく味わうと同時に、また新しい仕事が始まります。皆さんがより満ちあふれた精力で、より高揚した情熱で仕事に取り組んでいくと信じています。
         次の旅行を楽しみにしています!