2018年「金融支援湖北経済発展」イベントは宜昌に入る - 湖北奥馬電子科学技術有限会社公式サイト

2018年「金融支援湖北経済発展」イベントは宜昌に入る

2018-11-27
       
湖北省委員会常務委員、宜昌市委員会書記の周霁と湖北省副省長の曹広晶の証人として、湖北奥馬電子株式会社は宜昌市国投集団と協力協議に調印した。イベント現場図(1)
湖北省委員会常務委員、宜昌市委員会書記の周霁と湖北省副省長の曹広晶の証人として、湖北奥馬電子株式会社は宜昌市国投集団と協力協議に調印した。イベント現場図(2)
       
        3月9日、2018年には「金融支援湖北経済発展」の宜昌駅活動が都市でスタートし、金融協力プロジェクト211個を促進した。国開湖北省支店、湖北銀行、省農信連社、中国招商銀行武漢支店は市政府と銀政戦略協力を達成し、協議の金額は計1800億元。市級27社の銀行、保険、証券、基金機関は関連企業、会社と金融協力協議の207個を達成し、合意した金額は37.8億元。省委員会の常務委員、市委員会書記の周霁は活動中であいさつし、副省長の曹広晶さんが話した。
湖北日報の記者は調査で、信用の規模が厳しくなるが、国有企業と優良企業は銀行から見て、経営、ローンのリスクが比較的に小さいため、依然として彼らの目の中の上質なお客様である。
        湖北奥馬電子株式会社は、政府の背景にある産業基金が株に入株したため、銀行に重視させて、追従を獲得しました。「年後にはすでに工商銀行、招商銀行、浦発銀行、三峡農商銀行など多くの銀行が訪問し、私たちは協力パートナーを選んでいます」会社の社長、熊華霊が記者に伝えた。