自主的に開発して外資の独占を破る 5 G通信用の基材は国産化の突破を実現する 「宜昌造」奥馬電子は世界に向かっている - 湖北奥馬電子科学技術有限会社公式サイト

自主的に開発して外資の独占を破る 5 G通信用の基材は国産化の突破を実現する 「宜昌造」奥馬電子は世界に向かっている

2018-11-19
     
技術者は製品をテストしています
     
         9月5日,湖北奥馬電子株式会社は、日本のFPCC 株式会社などの企業と成功的に契約し、5 G通信用高周波高速電子基材を協力して生産する。これは、当社が自主的に無接着剤基材を開発して国際独占を破って、複数の発展を図る新たな突破を図り、未来の5 G通信端末の生産、通信基地局建設などが「宜昌造」を用います。
        9月11日、記者は猇亭区に位置して、国家レベルのハイテク企業の奥馬電子に来て、「業界リーダー」として発展している奥馬電子を訪問した。
      「携帯電話やパソコンなどの電子設備を一つの服と見なすなら、私たちの製品は生地の役を演じている」、奥馬電子の完成品の職場で、会社の取締役熊傑は、外見は生地のようで肌触りが滑らかな製品を記者の手に渡した。成衣生地に喩えられた製品は、学名が無接着剤フレキシブル銅張積層板と呼ばれ、当社が自主的に開発した高周波高速の基礎原材料類で、主に電子機器、新エネルギー自動車、人工知能などに応用されている。熊傑によると、この材料は長期的に海外業界の大手に独占され、国内生産は輸入に頼るしかない、製品は価格の優位性がありません。
        その時、上流の供給者である奥馬電子も、発展の困難に直面している。2013年に会社が成立した後、生産している接着剤有りフレキシブル銅張積層板は、伝統的な携帯電話やデジタル機器にのみ適用されている。このような狭い製品市場は長期的に台湾企業に占有されている。まだ発展の初期にある奥馬電子は長い間業界の弱い地位にある。 
      「激しい市場競争の中で生きたいなら、自分のコア技術を育てなければならない」。研究開発チームが200回以上の技術試験を経て、ついに塗布法を利用して無接着剤のフレキシブル銅張積層板を生産したと熊傑は記者に伝えた。この新しい生産モードは海外の高周波高速材料の合法的な生産技術の独占を突破して、製造コストは更に安くて、製造過程は更に容易に制御しやすくて、製品の総合的な性能は更に優れています。データによると、2017年の1年だけで、会社の売上高は8000万元を突破し、去年と比べて241%を増加し、販売範囲もタイ、ベトナム、韓国、日本などにも広がっている。
        生産と販売が盛んで、安定して発展しているが、奥馬電子は喜びの中に浸っていない。世界の電子情報産業の転換発展の肝心な時期に直面して、企業はどのように発展の優位性があることを維持して、新しい市場を開拓しますか?会社の管理層は繰り返し調査と分析を経て、5 Gのアプリケーション市場を狙って、5 G通信用高周波高速電子基材の生産を模索し、新しい1ラウンドの転換進級を計画する。
        5 Gネットワークに入ると、データ転送速度は大幅に向上します。この変化の背後には、信号転送機能の基材がアップグレードするかどうかが主な試練である。今年の上半期は、しっかりとした開発能力と先進的な生産レベルで、多くの競争メーカーから選ばれ、世界でリードしている電子情報システム基礎材料生産者の協力パートナーとして、5 G通信用高周波高速電子基材プロジェクトの建設を開始しました。新プロジェクトは、全方位のFPC(フレキシブル回路基板)の主材製品を提供し、市場では5 G通信用高周波高速電子基材製品の種類が単一で、量産できないなどの技術欠点を補完する。
        現在、国際的な外国籍の専門家、奥馬電子技術者などからなる技術チームが製品に対して最適化しており、年末には大規模な量産を実現することができる。その時、奥馬電子は、国内で唯一のライセンスメーカーとして、5 G通信端末、通信基地局、半導体製品などの生産と建設に材料を提供し、現在のFCCL(フレキシブル銅張積層板)のハイエンド市場が輸入に大きく依存している状況を打破する。
      「未来の5 G材料の国内市場需要は300億元/年であり、奥馬電子は、5年以内で年間売上高の20億元を突破することを目指す」。熊傑は、国投産業の投資基金が奥馬電子に投入した以降、事業範囲や資本力が急速に向上しただけでなく、会社が全面的に5 G市場に進出して堅固な基礎を作ったと述べた。この良好な発展のプラットフォームを借りて、奥馬電子は転換発展の歩調を速めて、高い質の発展の道で鍛えられて前進する。