わが社の製品応用分野:RFID - 湖北奥馬電子科学技術有限会社公式サイト

わが社の製品応用分野:RFID

   
        無線周波数識別技術(Radio Frequency Identification、略称:RFID)は非接触式の自動識別技術で、その基本的な原理は、周波数信号と空間結合(電気感覚や電磁結合)やレーダー反射の伝送特性を利用し、識別されたものに対する自動認識を実現する。RFIDの技術は現在多くの業界に応用して、例えば物流、偽物を防ぐソース、工業製造、ETCなどです。
        RFID読む器は製造業の使用中で、電子ラベルに合わせて生産、運送、倉庫管理の中でますます際立っている。生産段階では、バーコードスキャナーの代わりに、自動的にデータを採集することを実現します。物料を輸送する時、AGVカーの輸送に協力して、倉庫は貨物の出入り、棚卸しなどを管理します。
高速道路の電子料金システムETC(Electronic Toll Collection)では、読み書き器がRSU(Road Side Unit)として定義されている。つまり、道路側ユニット、車載ユニットOBU(On Board Unit)。
        RFID読み書き器は停車管理に応用して、車両の身分の判別を実現して、自動的に費用をかけることを実現します。遠距離RFID読み書き器を採用すれば、停車しない、カードを免除する高速通路、または無人通路を実現することができる。
        RFIDリーダーは、アンテナとRFID電子ラベルを通じて無線通信を行い、ラベル識別コードとメモリデータの読み出しまたは書き込み操作を実現することができる。典型的な読み書き器には、高周波モジュール(送信器と受信機)、制御ユニット、読書器アンテナが含まれている。